タイトル未定
 
基本精神論的な空想メモ
 



語ってみよう
~説明~
何でもかんでも思ったことを勝手に語りたいんです

なんとなく

「なんとなく」というのは、本能の囁きではないかと私は思う。
なんとなく嫌な雰囲気を感じたり、なんとなく楽しそうな気がしたり、なんとなくやりたいと思ったり、なんとなく出来そうな気がしたり
「なんとなく」というと考えて無さそうに思われるが、実は違う気がする。

「なんとなく」の反対は、コレだと決めて行動することだと思う。コレだと決めるには、理性を働かせ、様々な条件を調べ、その複合的なバランスを見て、最善と思われることを選択し、自分も周りも納得させる必要がある。とても論理的な思考だ。
コレだと決める際には、必ず未来を考える。この選択をしたら、このような結果になり、こんな利益を自分に与える。とか、計算的になれる。
けれども、そのプランに賛成できるかと言われたら、いかにも一番論理的で理想的であるにも関わらず
まったく賛成できないこともあると思う。

実はここに、なんとなくが登場している。
とても、よさそうに見えるのに何か反論できる意見はないのだけれど、賛成できないということは
自分の中の価値観が違うと言っているということだ。
過去の経験や体験から、価値観は形成されていて、それによって物事の見方が人によって異なる。
論理的に考えると、一般的に良いとされる選択をしたがる。リスク回避を行うためだ。万人が行っている選択なら、間違いないと思うからだ。実に滑稽な計算思考だ。
そこに、自分の価値観が入っていないではないか。
小さい頃から勉強していい大学に入っていい会社に入って安定して暮らす。というレールに違和感を覚える。

それは、初めからかもしれないし、途中になって自分の
力量を見定め始めているからかもしれない。理由としては、自分の限界を感じたとか、楽しくなくなったとか出てくるかもしれない。けれど、最初の理由として「なんとなく」が出てこないだろうか?



なんとなくは、過去の経験を統合したもので
価値観とまでは言えないけれど、経験上嫌なものなど
そういった判断をしてくれるものなんだろう。
そこには刷り込みや情報操作とか他者からの影響も大きく入っているし、生まれつき持っている感覚も入ってくる。理性では、処理できないほど膨大な記憶を体は行っていて、頭では覚えていないけれど、体が覚えているために出てくる、感覚的な主張が「なんとなく」なんだろう。
頭を回転させて考えるよりも早く、体全体が考えていて作り出した答えが「なんとなく」という言葉として出てきたということではないだろうか。
体は喋りださないから、そこは脳みそが頑張って言葉にしてくれたらいいんだけど。
「なんとなく」は、頭で考えたことだけでなく、体が、心が感じたことを一瞬にして昔のデータと照らし合わせて、処理された結果であると思う。


なんとなくという感覚を切り離すか
大事にするかはとても重要なことなのかもしれない。
ある意味、なんとなくは本心なんだと思う。
それを、理性で抑えがちになると、何か嫌な気持ちになったりしないだろうか。
例えば、ぱっと目に入ってきた商品に心惹かれたとする。ある意味、ひとめぼれだが、隣を見るとよく似た商品があり、選択肢が広がり、どれにするか迷う。
値段、質などを比較して、一番良いものを選ぼうとする。そして、最初に買おうと思ったものと全く違うものを買ったとする。
最初は、納得してこれでいいんだと思うのだが、後になればなるほど、どうして最初のにしなかったのだろうかと思うことが無いだろうか。
これは、本能と理性のミスマッチによるものだと思う。
本心とは違う選択を行うということは、内心納得していないということになる。
いかに、その選択が他者からみれば正しくても、自分からしたら嫌いで間違っていると思いがちである。
まー他の人にいいんじゃないって肯定されて、その感覚がひっくり変えることはよくあるだろうけどww
でも、それも自分の感覚を封じる理由の一つかもしれないな。

でも、なんとなく過ごしてしまうという時は、もったいないと思うので
そこは、なんとなくやりたいことを見つけるのがいいと思うな。

違和感、第6感、なんとなく、感じる、これまでの考え方の形成。



7月4日(水)16:14 | トラックバック(0) | コメント(0) | 語ってみよう | 管理

歴史

歴史ってなんだろう
時間と止められないもので
さかのぼる事も早める事も出来ない
早くドラえもんを連れて来て欲しいんですがw
予想は出来るそうで学者のパソコンの中で
未来は想像されて
クリエイターの頭の中で未来は創造されている
未来はもういいか

過去を論じる事を歴史を学ぶことと言うのであろう
今から45億年前地球は誕生した・・・
それは戻りすぎだっつーのw
その辺は人すら居ない
だから、これも学者の憶測に過ぎないので定かではない

じゃあ歴史とはなんだ?
私の中では過去の物品から過去が見えることだと思う
昔の文章、建物などなど
さっきも書いたけど時間は止まらないから
すぐに過去の事になる
今書いているこの文章さえも
でも物は時間が経ったからと言って
消滅しないからそれを見て過去があると言えるのだろう
人間も過去を記録するものと言える

さらに言えば人間は言語を持った
だから目に見えない物も残すことが出来るようになった
そうして私たちは同じ過ちを
繰り返さないように生きる事ができる
それが歴史の存在理由であるかな。

さて歴史の側面として
時代によって受け取る人々が変化することがある
それによっては昔を蔑んだり
全く当時をありのままに受け入れれなくなったりする
それは良いことだったり悪いことだったりするけれど
やはりそれは渦中にいては分からないことである
それすらもしばらく経てば歴史になるのだろう

また、今現在存在しない物を認知する事ができる
それは私たちが過去を背負って生きている事を示す
唯一の方法ではないだろうか

歴史を背負うことは
これまでの変化を受け入れることで
正しさは時代ごとに違うことも考慮すべきだ
それが他人にとって
どういう受け止められ方をするのかは別として
そしてただ受け入れるだけでなく
考える事が必要だ
今の時代と比較して
何が違うのか何が良い考え方なのか考えるのである

さて、このことは自分自身に当てはめるも良し
国の歴史に当てはめるも良しだと思う
さらに思うのは国という地面があるから
自分という存在があるのだと思う
だから自分の国の歴史をキチンと知るべきだと思う
また今の世の中グローバルだというけれど
今まで積み重ねた歴史というのは
かけがえのない財産であると思う
それを全て捨てようというのがグローバルだ
とも思えてならない
それはとても悲しい事ではないだろうか
生まれた場所それぞれにある歴史というのは
消そうとしても消えるものではない
気が付いたら固執しているのだと思う

他の国にはないものはどうやっても
他の国に存在しないだろう
同じモノは存在できない
同じ店があっても
場所が違えば考え方も違うだろうから
それなりに特徴が表れるに違いないから

歴史は他の国に言われて知るようなモノでは
どうしようもない
私たち自身で知ろうと思わなければ
相手の考えをそのまま受け取り
自国を蔑みあらぬ方向へ進んでしまうのだろう

歴史って難しい
たくさんの歴史があって
ぶつかるのはしょうがないことだけれど
ぶつかった点について知ろうとすることは
とても大事なことに思えます
分かり合うことは出来なくても
何故分かり合えないかを知るために。。。

価値観の変遷とも言うのかな
自然現象はどうしようもないけど







2月26日(月)01:29 | トラックバック(0) | コメント(0) | 語ってみよう | 管理

思考

考えれば考えるほど悲しくなる時もある
でも何も考えずに
自分の置かれた立場を理解しないまま
無感動にただ時間を過ごしてしまうのも
本当は悲しい事かもしれない
その時は気付かないだけで

だからぼーっとしてしまうより
本でも読んで頭を使っていた方が良いのかもしれない
ずっと考えてるのは疲れるけれど

休み中になると強制されないから
勝手に堕落的な方向へどんどん進んでいく
それは人の性質なのかもしれない
楽な方楽な方へ流されて
下流に来てしまった事に気付いた時はもう遅いんだろう

俺はいつもどうして生きているのか考えていた
それは大層なことではなく
ただ、ただ自分の存在がここにあっていいものかと
心苦しく思い悩んでいただけで
悲しい気持ちが膨らんでいくだけだった
死にたくなるほどどうしようもないことだった
生きてる理由が欲しかった

それは追い詰められた思考というのではないだろうか
本当にどうしようもない事に囚われた結果
死を選んで楽になりたいという考えになった
そんな気がする

生きるとか死ぬとかこんな恵まれた国に生まれたから
考えるのだろうか
本来動物は生きるという本能を持って
この世に生まれてきたはずだ
それが死をもって「無」になろうとするのは
道理がおかしい
今も世界中で飢えや戦争で死んでいる人達が
たくさんたくさんいるのだろう
その人たちは自分で死にたいなんて思わないはずだ

そういうことに行き着いてみると
安易に死ぬなんて言えないはずだ
だけれど死にたい欲求に悩まされるから
きっと本音は違うのだろう
汚い人間であった
醜い心であった

前向きに生きる事を考えてみたい
生きる理由なんて実は単純で明快な理由かもしれない
それに気付くまでまだ生きようと思う

と今は思って
これからどう生きていくかを考えているのです。。。



2月26日(月)00:47 | トラックバック(0) | コメント(0) | 語ってみよう | 管理

人の気持ち

人の気持ちも考えろとはよく言ったもの
いくら喘いでも人は人と離れる事ができない
それゆえ、他人との距離を測ることは、生きるうえで欠かせないものである
知らず知らずに迷惑をかけて生きている
迷惑と全て表現するのは違うかもしれないが・・・
俺の中では全て迷惑である
そんなこと言われた日には
なんか迷惑かけたんじゃないかと思って悪いことした気になるしかないと信じ込んでいるから
だからと言ってそんな風に考えた俺の気持ちは何処に行ったんだろうかと思う

いつの間にか周りの人のためになるようにと
物を考えているのではないか
自分の事はあまりどうでもいい気もする
そこには自己は無い
周りの人がいい気持ちでいれば自分に悪い事はしないはずだ
とも考えていると思う
ご機嫌取りなのか?

だんだん分からなくなってきた

自分は自分として生きようとしているのか
そりゃ、確かに自分の行動範囲の中に自分はいる
けど、人と話したり何かをしようとした時に
俺は俺を消している
いないほうがいいとさえも思う
逃げ出したい気持ちにもなる
それは苦手な人に対してなのか分からないけれど
馬が合う合わないでいえば
多分ほとんどの人と合わないと思う
それは大きく見た場合だけど
趣味の一部として共有するなら
その点だけ見ることになるだろうさ
ああ、生き方なんて関係ないさ
きっと自分が不確かだから嫌になるんだろうとも思う
今日も漫画の主人公になった気分で
漫画に入り込むのさ
何にも考えずにメロディーを口ずさむんだ

人の気持ちなんて分かろうとしないと分からないんだろ
自分の気持ちもそうなのかな
そこにいる自分
ここにいる自分
立ち居振る舞いが違うのは気のせいじゃない
無意識的にしている面もあるだろう
だからやっぱり分かろうとしないと
いつまで経っても分からない

はい、グダグダーーー
やっぱ自分が分からん
相手も分からん
分かろうとする努力はしたいけど
結構もういっぱいいっぱいで
目は涙で潤んだまま



2月12日(月)22:33 | トラックバック(0) | コメント(0) | 語ってみよう | 管理

お買い物

高い買い物は慎重に
安い買い物は・・・

買い物ってどうなんでしょう
部屋を掃除してて思いました
部屋が物で溢れているわけです
要るような要らないものが溢れているんです

今要るもの
いつか要るもの
昔要ったもの
そこは様々です

けど、いつかゴミ箱に行くものならばどうして買うのか

また、長く使えるものを大切にしないのはどうなのか

あと、その理由を考えずに高い買い物をするのはどうなのか

て言うところです

なんか俺は目先のことに囚われて
本当に長いスパンで見た時のことを考えていない
そんな気がし始めました

家電なんてそうですね
やっぱり簡単に壊れて欲しくない
そんでいい機能が欲しい
とかいって色々種類を見るんですけど
やっぱり最後には値段に行ってしまうとか

最近の失敗は電子辞書ですかねぇ
辞書はずっと使うもののはずなのに
今ドイツ語が要るからって
ドイツ語が入ったの買ったんですよ
まぁ、英語も入ってるからいいかななんて
でも、普通に考えてこれから先
関わるのは英語の方が多いっていうのに
この辞書はドイツ語をしゃべるんですね
買ってから二年くらい経ちますけど
やっと気付いた アホや・・・

ま、それは置いといて
やはり長く使うものならお金は懸けるべきなんですね
今安いからと買っても
すぐに使えなくなったら元も子もないというか
いいものを長く使う方がいいと思うんですよ

ま、でも衝動買いを失くさないとどうにもなりませんね~(^^;



1月14日(日)23:02 | トラックバック(0) | コメント(0) | 語ってみよう | 管理

非現実的だから


身近な事
生まれた時からあるもの
暮らしている所にあるもの 環境という
俺にはどうしようもない
けれども現実。存在
だから考える

身近じゃない事
学校に行って学んでいることは
身近なことじゃないと思う
普通に生きててそんなことは考えないと思ってしまうから
考えた人がいるからあるわけだけど

で、思うことは
勉強していることは昔の人たちの
積み上げなわけで
それを分かりやすく単純にまとめたのが
教科書
それでも量は膨大
だから、どういう過程でその学問が生まれたのか
積みあがってきたのかなんて書かれない
それで、一体今何をしたいのか分からない

最初は身近なことから始まったんだと思う
それを突き詰めるうちに昇華されていった
そしたら日常という範囲から飛び出してしまった
だから遠いもの関係無いものだなんて思ってしまうんだ

元は身近だったんだ
だからその身近さに気がつかないと
勉強してもした気にならないんじゃないかな
今ですら意味が見つけれないから
無意味に思う

でも、いつか身近なものになるのだろう
それは身近なものに隠されているはずだから




1月14日(日)15:59 | トラックバック(0) | コメント(0) | 語ってみよう | 管理

自分に対峙する

自分の頭の中が
きれいさっぱり、整理整頓されていたら
さぞかし楽だろうな~、と思う俺です
どうもこんばんわ

俺を見つめるということで
今度は性格的なものを見ていこうかと
しかし、色々ありすぎてよくわからないなぁ
と言うのが現状
やっぱり整頓されていないんですねぇ・・・

何処から見たものやら。。。

んじゃ、最近気付いたこと!!

・地震が怖い
地震なんてそうそうないですけれど
俺んちは線路が近いんですね
んで、夜部屋にいると
地鳴りみたいな音がだんだん近づいてきて
軽くグラグラ部屋が揺れます
それは電車のせいだとは分かっています
でもなぁ、もう6年も前になるんだろうけど
結構でかい地震にあったんですね
家つぶれちゃいましたよw
んで、しばらく余震が続いて怖かったんですね
今やトラウマだろうね
例えば、ベンチに座ってて
いきなり少し遠くに人が座ったりした時
教室にいる時に
たくさんの人が階段を下りている音を聞いたとき
ゴゥーーなんてちょっと似てるんですね
無駄に反応してしまう
すげー不安になってしまう
怖いと思っている
ということに気付きました

あ~あ~、ジェットコースターとかは大好きなのになぁ


やはり、今の俺は過去の俺の積み重ね
だから、話的には過去の話が増えるんだろうかなぁ

頭の中の見えない話はまだまだ続く。。。
どこの物語やねん!(笑)




1月10日(水)00:15 | トラックバック(0) | コメント(0) | 語ってみよう | 管理

自分本位万歳

実にどうでもいい話です
悪しからず


俺の話ですみません
今は俺という生き物を観察するのです
客観的にみたいがどうも主観的です

まず、体について
身長は高くないです
体重は少しぽっちゃりです
また身長に対して肩幅が大きく、手が長いようです
そのため制服のブレザーが着れなくなりました
サイズを合わせた時はちょうどいい気がしました
いざ着てみると袖がツンツルテンでした
また、冬になって中に着込むと
もう肩がパンパンになって圧迫されます
しょうがなしにカーディガンで凌いでおります
もはやブレザーはタンスの肥やし化
ただのお悩み相談でした
どうにもならないことでした

次には、近眼です
もうすぐコンタクトにして1年くらいになります
毎年いい眼鏡を買うくらいのお金が
吹っ飛んでいきます。母さんごめん
そのせいかドライアイで今は
目薬とアイボンが手放せません

そいから、乾燥肌です
冬場の風呂上りはもう
すぐにクリームを塗りたくります
やはりこれもどうにもならないことですね

あ、あと外反母趾で冷え性で腰痛・肩こり持ち
ってことは内密に(全然オープンじゃんw
老化がすでに・・・
いやいや、これらのことは日々の心がけ
自棄になっても仕方ありません
素直に受け入れましょう
と、結論を出しておきます。




1月10日(水)00:01 | トラックバック(0) | コメント(0) | 語ってみよう | 管理

見つめてみたい

本当の自分を探していた
そんな時期があった
ここにいる自分は本当の自分じゃない
本当の自分はここにいる自分より
カッコいいんだ

そんなのいないと気付いたのは
いつだっただろうか

確かに実力はあっても
それが出てこない場合はいくつもあった
それに対して本当の自分は…
なんて言っていたんだ

今ここにいる。存在する自分
それが自分。本当の自分
やっと気付いた。ここにいた
スタート地点だった

したたかな奴とは如何?
俺は答えられなかった
簡潔な答えが発せられた
「ミスしない奴だ」と
その短い答えに色々と考えた
何故ミスをしないのか
それは自分を分かっているからではないか
そして相手も分かっているからではないかと

俺は未だに自分自身が分からない
どんな性質、どんな特徴があるのか

今やっと、自分を見つめる時が来たんじゃないかと思う

それは本当の自分探しじゃなくて
自分磨きだと思った。。。



1月9日(火)23:15 | トラックバック(0) | コメント(0) | 語ってみよう | 管理

髪の毛

俺の髪の毛って嫌に多いんですね~
そんで今は結構長いのですが
よく抜ける
びっくりするほどよく抜ける
禿げんじゃねぇか、と心配しても
全然邪魔なほど髪の毛はあるんです

さて、髪の毛について今言いたい事は
抜けた毛は捨てるしか無いのか、と言うことです

どうでもいいですよね、ホント

ともかく部屋を見渡してみると
至るところに髪の毛が・・・
三日もほったらかせば
もう敵いません
毎日手でかき集めて捨てるたびに思うことは
髪の毛って食えんだろうか・・・
髪の毛ってタンパク質じゃん

うわぁ・・・どうでもいい。。。

昔抜け毛を燃やしてチリチリにして遊んだ時に
髪の毛はタンパク質だって聞いて
ずっと思ってました

と言うことで試してみました
生の髪の毛一本抜けたてほやほや
口に含んで噛み噛み・・・
噛み切れない 髪、切れない
むりやり飲み込む・・・
咽に張り付いて苦しい
取れない 危ない・・・

実験は失敗ですた
アホですた
周りの人になんて話せません
ある意味暴露でした
見た人は思いっきり
こいつ馬鹿だねーーー
と思っていただいて結構
むしろ思われないと救われないですよ。

しかし、まぁ髪の毛はいつまでも伸びるから
不思議だなぁ。。。


はい、ここまで読んだ方
お疲れ様ですw




12月20日(水)00:07 | トラックバック(0) | コメント(0) | 語ってみよう | 管理


(1/4ページ)
>1< 2 3 4 最後 

家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機
パスキット | さくらのVPS | じゃらん♪ | 禁断のケーキ | FX自動売買