タイトル未定
 
基本精神論的な空想メモ
 



2013年1月を表示

これは大変です

完全にツイッター依存症です
大変です
ツイッターが更新されるのを今か今かと待ち構えています
特につぶやいたりすることはありません
何故か

ツイッターを現実と切り離したからです
ほとんど二次元の妄想
妄想ですから、現実はいりません

ツイッターに張り付いているので
現実の行動も生まれません

せいぜい、寝た、起きた
ご飯食べたとか

でも、そんなことはつぶやきたくありません
生活態度が分かるでしょう

でも、案外それがいいのかもしれません
自分が変な行動をしてたらわかるし

規則正しく生活をしているかチェックすることができる

でもツイッター依存症なのです
目の前で生まれる文字をどんどん追います
自分に都合のいい文章だけよくよみます
面白くない、興味のない、関係の無いことはスルーします

たまに、ネタをつぶやきます
気持ち悪いと思うかもしれません
でも、たまに面白がってくれる人がいます
そんな風に笑ってくれる人がいると嬉しいです
現実には無い喜びです

きっと、現実を放棄して
ネットの中にだけ生きていきたくなったのかもしれません

完全に狂ってる

顔も見えない人たちを笑わせる前に
本当に自分の周囲にいる人たちのことを考えた方がいいのに

大事な人
特別な人
周囲にいる人がそうなると、環境を大切にするのでしょう
でも、自分は、環境を大切にするのが不得意なようです
その場の空気を読もうとして
空気になって我関せず、我に関わるな
孤立せよの態度を取ってしまいます

とんだ問題児ですね

頭がおかしくなったのかもしれません
正常な判断が付きにくくなっています
正常とは何かという疑問ばかりが浮かびます

そして、ツイッターに張り付きます
他人の生活を覗き見るのが楽しいのです
誰にしているかも分からない報告を見るのが楽しいのです
おかえり、ただいま
いってらっしゃい
おはよう
おやすみ

ああ、一人ではない
そんな気分になります
期限の無いチャットにいるような気分です
そのジャンルがまぜこぜになったようなものです

レスポンスの速さが売りなのだと思います
リアルタイム
今、その話題を話している人と繋がることが出来ます
話題が通り過ぎて
昔の記事を読むのは一人ぼっちは寂しいもんななのです
簡単に、意見を交換することが出来ます

鍵をかけて自分だけの呟きにひたることも可能です
まったく呟かないでニュースが自動的に更新されるのを
見るのもいいと思います

思いがけず、面白い情報に出会えるかもしれません

つぶやきはほんのきっかけなのかもしれません
しかし、それが後々に大きく関わるのかもしれません

真面目な話はまだしていません
真面目な話もしてみたいと思っています
顔の見えないからこそ
好きなことが言える
そんな安心感

会ったらどうなるんだろう
という不安もあります


そんなことはおいおいでいいのですが
今現在問題なのは

現実から簡単にログアウトしてしまうことで
現実にログインできません
現実と向き合うのがだんだん怖くなってきました
現実から離れてしまえば
あとはもう簡単に崩壊していく
そんなことは分かり切っています

あと少しだけ
あと少しだけ
あと少しだけ

そういう気持ちで過ごせばいいのでしょうか

本当は、現実の区切りを迎えるのが怖いだけなのかもしれません
実は、今の現実はすごく幸せなぬるま湯なのです
誰からも干渉されず
誰からも叱られず
誰からも文句を言われず

本当は、呆れられているのだと思いますが
もう、私自身も自分に呆れているのかもしれません
気付けばやりたいことも無くなっていったのでした

本気で叱られるのを待っているのでしょうか
もういい年です
本気で叱られるようなことをするのは恥ずかしい歳です

自分で自分を叱るしかありません
自分で判断するしかありません
誰かによさかっていたのかもしれません
誰かが納得すればいいように気を使っていたのかもしれません

みんな邪魔だと言えばいいのでしょうか

それも違う
相互に納得する形に持っていくのが良いのだと思います

やろうがやらまいが時間は過ぎていきますし
お金も体も消費していきます

時間も若さもお金に換算されます
だから、この今の年の経験は大切なのですが

いかんせん、もう満足してしまって

その山を越えた先に何かあるかも
なんて思わなくなっていて
もうこの山の麓で暮らす勢いです

人間はいつまでも高見を目指す姿に感動を覚えますが
ある程度いくと見切りをつけて満足します
それが、この年で来てしまっただけ

それから先をどうするかあまり考えれてなかった
ということ

ああ、出来ることなら
世界中の知識を網羅して
科学技術を発展させたい
とか
思わなくなってきたのでした

掘り下げたらどこまででも行けるのに
掘り下げるのが怖い
そんな気分です

ジョジョの奇妙な冒険が好きですが
深すぎて
反対に詳しい人たちの中に入っていけない
それとおんなじことです

その世界に受け入れられないのではという不安があるのです

全てを知ったつもりが
ほんのちっぽけな範囲だったと思わされるのが
怖いのです
もう味わったのですが

それで、もうそれ以上深く追求するのが怖くなってしまいました

誰よりも知っているつもりがただの知ったかぶり
今ならウィキにいけばいくらでも知れますから

あとは解釈の仕方を身に付けることが大切なんだと
思います
しかし、言われたままに覚えて
意味を考えてこなかったので
本質も何も見えてきません

ただの妄想だけが生まれるばかり

だからツイッターに依存するのかもしれません
現実からログアウトしているのだから
嘘でも妄想でもかまわないと思って
好き放題言うのです
それにハマってしまったのです

罪悪感ばかり芽生えます
けれど、現実には戻れない
現実怖いもんですから

はぁ、大変です
というのはいくらでもできますが
私はどうしたらいいのでしょうか
なんて質問できませんから
自分で考えて
どうしたいか考えることにします
それで意見が食い違うなら
戦うか折れるか
たぶん折れるのでしょうけど

私は考えることにした。



1月30日(水)06:24 | トラックバック(0) | コメント(0) | 日々の事 | 管理


(1/1ページ)


FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
地震速報機 | 本のバーゲン | 恋活 | 家電バーゲン | 放射能測定器