タイトル未定
 
基本精神論的な空想メモ
 



破裂

きっともう押さえつけることが出来ないんだ。
堅牢な理性と他者の目から抑制されてきた。
俺の本能は限りなく押さえつけられていた。

自分でも思っていた。
やりたいことをしていないと思っていた。
今直面していることからの逃げかもしれない。
しかし、逃げたい気持ちは今は無くなった。
ただ無常な現実が待ち受けているとは知っている。

このまま進めば、いわば負け組と呼ばれる人生が待っているのかもしれない。
なりたかったものにはなれず、漠然となれそうなものになっていくのかもしれない。

本当にそうなのか。

と考える。
なりたかったものは、なんなんだ。

例えば、歌を歌って、歌を書いて、歌を練習して、曲を作って、ステージに立って、CD作ってPV作って、告知して、グッズを作って、という色んなことをするのが歌手だったりする。ただ、歌っているだけではない。

たぶん、形骸的なイメージに囚われて、本当にする事が
分かってなくて
実際やってみたら、向いてなかったとか

彼と一緒だったのかな
俺は。

学校を辞めて、バンドをするために上京していった人がいた
今は、警備員の仕事で食いつないでいるらしい

その後、どうなるかはまだわからない
けれど、普通の道を外れたのは確かだった

羨ましいような
コワいような
不安な気持ちになった

けれど、彼はきっと充実しているのだろう
本当に心から望んだ道に進み始めているのだから


俺自身はどうなんだろうか
実際この道に入ってみて、向いてないって思ったかもしれない
堅実さを求めていたけれど
敗れたような気持ちになっていたじゃないか

だからといって、これで死ぬわけじゃないし
まだ、生きなくてはいけないんだけど

これまで、けっこう我慢してきたと思うんだ
自分に自由に生きている人がとても羨ましかった
けれど、認められないだろう
とか、危険な奴だと思われたりするのが
とても怖かったのだ

怖がりで、拒絶されるのが怖くて
自分を隠し続けていた

嫌いなものを嫌いと言えなかったり
やりたいことをやりたいと思えなかった

地域柄なんだろうか
自分にもそういう気持ちがあった。

そういうときほど、東京への憧れが強くなるような気がする
あそこは、ある意味で寛容的であるような気がする

きっと、破たんすると思っていた道に進んだ
やっぱり破たんした

このままいくとお天道様に顔向け出来ないような道に進むのかもしれない
けれど、健全でいたいとも思う

俺は、きっと一番辛い道を自ずから選ぶ
人間なんだろう

誰が望まなくても、自分が望まなくても
きっと一番辛い選択をする人間だ

この世の不幸をもっともって来てって感じだな

理性を破壊しようか。。。



7月5日(木)21:58 | トラックバック(0) | コメント(0) | 未分類 | 管理

コメントを書く
題 名
内 容
投稿者
URL
メール
オプション
スマイル文字の自動変換
プレビュー

確認コード    
画像と同じ内容を半角英数字で入力してください。
読みにくい場合はページをリロードしてください。
         
コメントはありません。


(1/1ページ)


家電バーゲン | 放射能測定器 | 楽天市場 | FX自動売買 | 禁断のケーキ
じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット | 地震速報機 | 本のバーゲン